利尻ヘアカラーは染まらない

利尻ヘアカラーは染まらない!

利尻ヘアカラートリートメントは、通常の「ヘアカラー」のようには染まりません。

ただし、トリートメントタイプの白髪染めの中では、よく染まる商品です。


結論からいってしまいましたが・・・。

利尻ヘアカラーはトリートメントのタイプですので、ヘアカラーとは染める仕組みが違います。

ヘアカラー(酸化染毛剤)は、薬品によってキューティクルを開いて脱色、染毛しますので、良く染まります。
その分、髪の毛や頭皮を大きく傷めてしまう可能性が高いです。

ヘアカラートリートメント(酸化染毛料)は、髪の毛の外側に着色します。
その分、染め方は弱いですが、髪の毛や頭皮を傷めることは少なくなります。

しっかり染めるポイント
しっかりと染めるには乾いた髪で染める、暖める、放置時間を長くするなどの方法を行うとしっかり染まるようになります。

乾いた髪に乾いた素手で行うと、手に付いた染料は落ちにくくなりますので注意して下さい。

利尻ヘアカラーで染める前と後

posted with カエレバ

利尻ヘアカラーはシャンプーごとに色落ちする。

利尻ヘアカラーは、シャンプーごとに徐々に色が落ちていきます。

アルカリ剤を用いて染料を毛髪の中で発色するのではなく、毛髪の外側に着色するヘアマニキュアのタイプです。
色を保ちたい場合は最低でも、週に1〜2回は染める必要があります。
確実に保つためには週に3回程度染めたいところですね。

※週に何回染めても、トリートメントの白髪染めなら髪の毛や頭皮の傷みは少ないです。

色落ちしづらいポイント
色落ちを少なくするには、洗浄力の強い合成系のシャンプーは使うと落ちやすくなります。
アミノ酸系のシャンプーを使うようにすると色落ちも最小限に抑えられます。
また、白髪染めが落ちにくいようなカラーシャンプーを用いたり、白髪染めシャンプーと併用するとさらに効果的だと思います。

良い香りがしない。

利尻ヘアカラーはほぼ無臭です。刺激臭もないのですが、良い香りもしません

アンモニアやオキシドールなどの刺激のある薬品を使用していないので、嫌な刺激臭はありません。
また、良い匂いのする香料も使用していないので、匂いがほとんど有りません。
今までの2剤を使用するヘアカラーを使っていた人にすると、拍子抜けするほど無臭です。

匂いがないのはデメリットではないですよね
色が定着するまで、お風呂のお湯に浸かりながら待機することも多いですよね。
入浴時に使用する時には、好みの香りの入浴剤を使用すると気分も良くなるかも。
アロマオイルを置いてみるのも良いかもしれません。





手が汚れる。

利尻ヘアカラーは素手でも染める事ができますが、手に付いた染料は落ちにくいです。

利尻ヘアカラーは安全な成分しか使用してませんので、素手で染める事ができますが、かなり色が残ります。

洗えばある程度落ちますが、爪の中や回りの色は落ちにくいです。
上の画像のように乾いた手で染めると洗ってもなかなか落ちません。

汚さないポイント
薄手のビニール手袋を使用してはどうでしょう。使い捨てのビニール手袋は安く手に入ります。
素手で染めるときは手をしっかり濡らしてからにしましょう。

白髪染めとしては高い!

利尻ヘアカラーは一本3,240円(税込)。送料も入れると3,780(税込)円になります。

内容量は200g入りですが、短い髪の方で、7〜8回。長い髪の方でも3〜4回は楽に使用できます。

メーカーサイトでは一回当たり200円となっています。
一回当たりの金額は安く、コストパフォーマンスはかなり良いと思われます。
ポイント
2本以上購入で送料が無料になります。まとめ買いをするとさらに割安になります。
公式サイトで会員になると、誕生月特典や、様々なキャンペーンもあります。

まとめ

確かに利尻ヘアカラーは一度では染まりづらいです。
しかし、髪や頭皮を傷めない白髪染めトリートメントとしては良く染まるし、トリートメントの効果も抜群です。
トリートメントタイプが初めての人にも、利尻ヘアカラーはオススメです。

page top