利尻ヘアカラーやルプルプの染料

利尻ヘアカラーやルプルプの染料のHC染料や塩基性染料って?

染料の違い

2001年に化粧品に使用できる成分の規制が変更になりました。
規制緩和の方向へ変更されると同時に、従来は使用禁止されていた成分も使用可能になりました。
ただし、使用している全成分の表示が義務付けられました。

 

2001年の規制緩和のときに、ヘアカラー用のHC染料と塩基性染料もヘアカラートリートメントに使用されるようになりました。

 

HC染料は、分子がとても小さく、キューティクルの隙間から髪の内部へ浸透するという特長があります。
塩基性染料は、髪の毛のマイナスイオンと結合して吸着します。

 

従来のヘアカラーは強いアルカリによって、キューティクルを強制的に開かせ、染料を内部に浸透させていました。
HC染料も塩基性染料も、浸透、吸着といっても、そのままでは従来のヘアカラーほどには染める力は強くありませんし、色持ちも強くありません。

 

ただ、どちらも髪の毛のキューティクルには作用しないので、髪の毛を傷めない、髪に優しいという利点がありますので、トリートメントタイプの白髪染めに多く使われています。

 

トリートメントの白髪染めの染料に天然のウコンやベニバナなどの染料も配合されていますが、着色力、安定度などの観点から、たいていはこのHC染料か、塩基性染料、または両方とも含まれています。

 

利尻ヘアカラーやルプルプの昆布の成分は主にフコイダンの成分が保湿性があり、乾燥から守るために有効であって、染料として使われているわけではないようです。


page top