白髪染めトリートメントは染まらない?

そもそも白髪染めトリートメントとヘアカラーとは髪の毛を染める仕組みが違うんです。

ヘアカラー(酸化染毛剤)は強いアルカリ性の薬品によってキューティクルを開き、脱色、染毛を同時に行いますので、髪の毛の内部までしっかり染める事ができます。
白髪染めトリートメント(酸化染毛料)は髪の毛の外側に染料を着色しますので、ヘアカラーと比べると染まり方は弱いです。

白髪染めトリートメントと白髪用ヘアカラーの違い

 

 

白髪染めトリートメント 白髪用ヘアカラー
種類 染毛料(化粧品) 染毛剤(医薬部外品)
アルカリ度を示すPH値 4.5〜8.0 9.0〜11.0
染まる仕組み 髪の毛の外側に着色 髪の毛の内部を脱色、染毛
染まる強さ 弱い 強い
髪へのダメージ ダメージ無し トリートメント効果有り
ジアミンアレルギーの可能性 無し 有り
主なメーカーサイト

髪を傷めない白髪染め!

 

ルプルプ白髪用ヘアカラー

ビゲンヘアカラー

 

ブローネ泡ヘアカラー

 

白髪染めトリートメントはこんな方に

髪が傷んでしまった方。傷めたくない方。
白髪染めトリートメントは髪を傷めないですし、トリートメント効果もありますので、髪にツヤ、ハリを取り戻す事ができます。

肌の弱い方。刺激に弱い方。
肌に刺激のある成分を使っていないものが多く、頭皮も傷めず、優しく染める事ができます。

髪が細くなってきた、抜け毛が気になる方。
頭皮にダメージを与えるのは考えものですね。トリートメントの白髪染めには頭皮をケアするものが多くあります。

アレルギーの心配な方。
ジアミンなどのアレルギー成分を使用していないので、安心して染める事ができます。

自然派志向の方。
ほとんどの白髪染めトリートメントは自然の植物性の成分を中心に使用しています。

おすすめの白髪染めトリートメント >利尻ヘアカラートリートメント

初回購入なら特別価格 > ≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め

白髪用ヘカアラーはこんな方に

明るい色に染めたい
白髪と黒髪が混在していて、今の色よりも明るく染めたいときは脱色をする必要があるので、ヘアカラーでないと染められません。

一回でしっかり染めたい
ヘアカラーは一度染めてしまえば色落ちはほとんどないので、根元の白髪が目立ってくるまで染め直しは必要ありません。
page top